画集が刊行されます

画集『声よりも近い位置』が、3月15日に小学館から刊行されます。


デザイン:須山悠里さん

ご寄稿:水沢勉さん、小野正嗣さん

撮影:筒口直弘さん 


今回は、岩絵具の質感や色味を出すために、デザイナーの須山悠里さんはもちろんのこと、日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社の皆さまにも深くお世話になりました。ここまで支えてくださった皆さまに、感謝いたします。




多摩美術大学に入学した2010年から、VOCA2022でVOCA佳作賞をいただいた新作《後ろ手の未来》までの作品が掲載されています。


多和田葉子『献灯使』(講談社)の装画にご使用いただいた《凛然》をはじめ、「ジュール・ヴェルヌ<驚異の旅>コレクション」全5巻(インスクリプト)や、青野暦『冬の森番』(思潮社)、平松洋子『父のビスコ』(小学館)など、装画にご使用いただいた原画や、これまで発表したエッセイなども収録しております。




ぜひお手にとってご覧ください。


発売は15日ですが、11日から上野の森美術館で始まる「VOCA展2022現代美術の展望─新しい平面の作家たち─」会場でもご購入いただけます。

お取り扱いいただける場所については、随時お知らせして参ります。よろしくお願い申し上げます。


定価:3300円(税込) 発売日:2022/3/15 判型/頁四六倍判/144頁