画集『声よりも近い位置』(小学館)が刊行されました。

素晴らしいデザインは、須山悠里さんが手掛けてくださいました。

表紙の紙質や見返しの色など、本の造形もお楽しみいただけましたら幸いです。

水沢勉さん、小野正嗣さんが寄稿を書いてくださり、絵の世界を深く広げてくださいました。

須山さん、カメラマンの筒口直弘さん、

日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社の皆さまが、

岩絵具の質感や色味を出すために、ご尽力くださいました。

画集には、多摩美術大学に入学した2010年から、

VOCA2022で佳作賞をいただいた《後ろ手の未来》までの作品が掲載されています。

多和田葉子さんの『献灯使』(講談社)の装画にご使用いただいた《凛然》をはじめ、

「ジュール・ヴェルヌ<驚異の旅>コレクション」全5巻(インスクリプト)、

青野暦さんの『冬の森番』(思潮社)、平松洋子さんの『父のビスコ』(小学館)、十重田裕一さん『横光利一と近代メディア 震災から占領まで』(岩波書店)などの装画にご使用いただいた原画や、これまで発表したエッセイを収録しております。

須山さんには、告知チラシも作っていただきました。ぜひご覧ください。

ここまで支えてくださった皆さまに、心よりお礼申し上げます。

​画集に関連した展示も開催中です

 

『声よりも近い位置』

デザイン:須山悠里

寄稿:水沢勉 小野正嗣

撮影:筒口直弘

​印刷:日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社

発行:小学館 

定価:3,300円(税込)

体裁:四六倍変形判 144ページ

発売:2022年3月15日 

※敬称略

 

【関連】