金沢大学資料館 特別展

「サイエンスイラストレーションで魅せる古生物学-竜骨群集と鯨骨群集:首長竜,ウミガメ,クジラの遺骸に群がる生物-」

7.20-10.21

金沢大学資料館で特別展「サイエンスイラストレーションで魅せる古生物学-竜骨群集と鯨骨群集:首長竜,ウミガメ,クジラの遺骸に群がる生物-」がはじまります。

​2012年に、本展の企画者であるロバート・ジェンキンズ氏からご依頼をいただいて描いた「竜骨群集」の復元画を3点を展示いたします。


画材はすべて岩絵具を使っています。古生物の復元画を描いたのはこれがはじめてでした。

岩絵具は、後からの大きな訂正、塗り直しがきかないため、細かな調整や修正が必要になるような、通常のサイエンスイラストレーション制作にはあまり向いていない画材です。それでも、画材の面白さが復元画の世界観につながるということで、あえて普段と同じく岩絵具で制作することになりました。
復元画では、正確性が必要になります。その上で、自分でも見たことのない深海の景色をのせていくのは難しい作業でしたが、さまざまな標本に触れてスケッチをしながら絵を作り上げていく過程は得がたい経験になりました。
休館日の国立科学博物館で「フタバスズキリュウ」の産状レプリカをスケッチをしたことは、大切な思い出の1つです。


これらの作品を完成させるまで、さまざまな方にお世話になりました。この場を借りて深くお礼を申し上げます。

本展が、原画を展示するはじめての機会となります。この展示のために、今回新たに額装いたしました。
展覧会には、他の方々による素晴らしいイラストレーション、もとになった標本等も展示されるようです。ぜひ会場にお運びください。

3点の画像や、完成までのやり取り等が掲載されたリーフレットも、7月末から配布される予定です。


詳細はこちらから
https://museum.kanazawa-u.ac.jp/?p=3772

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
特別展「サイエンスイラストレーションで魅せる古生物学-竜骨群集と鯨骨群集

:首長竜,ウミガメ,クジラの遺骸に群がる生物-」
2022.7.20ー10.21
※土日祝日及び8月12日(金)、15日(月)、16日(火)は休館
〒920-1192 金沢市角間町
金沢大学資料館展示室(金沢大学中央図書館・資料館棟内)※金沢大学角間キャンパス内
10:00~16:00 入場無料
主催 金沢大学資料館、金沢大学理工学域地球生物学研究室
企画 理工学域地球社会基盤学類准教授 ロバート・ジェンキンズ氏

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー